少年の詩


僕はどちらかと言うと流行に鈍感だと思う。
普段から行動を共にしたりする人は、僕がどれだけ短パンで生活してるか知ってるだろう。

一口に流行と言っても色々と種類があって、それはファッション、芸能、音楽、ネット・・・。
まだ他にもたくさんあるのだろうけど、僕が「あぁこれ完全に乗り遅れてるわ」と、
最近思っているのがデトロイトメタルシティ

DMCは何年か前にマンガを本屋で見かけて知ってたんだけど、絵的にピンとこなかったのでスル〜していた。
その何日か後にUNUSのケンちゃんに、「これ面白いよ」と勧められたときにも、やっぱり興味はわかなかった。
何故か人から勧められると、僕の中でその物自体の興味が一気に下がる。そんな僕は天の邪鬼。
僕は、昨今TVでも凄い勢いで取り上げられてるDMCのことをよく知らない。
こうなりゃ意地でも見てやるもんかと、自分を奮い立たせている。


流行に鈍感なくせに自分で発見したいと思っていたりする僕は、なんて小さな人間なのだろう。




f0178726_134936.gifそんな僕が周りの人よりも早く流行を察知していたのは、
中学生のときに、この週刊誌は中学生は読まないだろうと思いながら、
愛読していたビッグコミックスピリッツ。
僕は人知れずあるマンガにハマっていた、松本大洋の【花男】という作品。


松本大洋のマンガはこの後、【青い春】や【ピンポン】【鉄コン筋クリート】が、
映画化されて、僕の興味の外へとフェードアウトしていく。





なんでもそうだけど、メジャーになっていくと、興味が無くなるんだよな・・・。

そういった意味だとOASISキョージャズもそんな感じに近いかもな。
みんなが知ったことによって興味自体もなくなったし、
ヤツらが売れことによってヤツら自身が色気を出しているのが見えてくると、腹立たしくも思える。



結果、THE BLUE HEARTSが好きです。





いろんなことが おもいど〜りに〜 なったら〜 いいのになぁ〜








昨日、近所の仲良しさんの家に遊びに行ったときに、
「周平君は自意識過剰が服着て歩いているようなもんだ」と言われた。



座布団あげたかった。






ここで一句
「流行を 作れる男に 憧れる」
[PR]

by NIWALAND | 2008-09-11 13:49 | NIWA