カラオケ   


昨日は小動物的な友達と一緒にカラオケに行ってきた。
動機としては、その人が歌が上手いという噂だったので、
実際に聴いてみたいというのがきっかけ。

お察しの通り、終わる頃には普通の懐メロカラオケ大会になっていたのだけれど、
最初はしっかり聴いていた。

で、聴いてみて、その友達は実際に上手かったと思う。
もちろん超個人的な判断だけど、かなり上手い方だと思う。
なんとなく味もあったし、ものまねでもないし・・・。
自分が唄わなくても、聴きたい曲をリクエストする方が
良いんじゃないかって思う程だった。


昨日は車で行ったし、集まりがあったついでにとか、そんなんじゃなく、
ただ歌を聴くということで行ったので、当然ノンアルコール。
お酒を一滴も飲まずにただひたすら唄うなんて何年ぶりだったんだろう。

行くときって、結婚式の3次会レベルの泥酔状態なんでもありの場合が多いから、
勢いで唄うことが当り前になっていたんだけど、素面で唄うのってけっこう度胸がいる。
選曲も少なからず、「この曲なら場の空気おかしくなんないよな」とか気を使ったり。



事実、昨日はいつものを唄わなかったしね。


それでも新鮮な感じがして良かった。



ちなみに昨日の締めの一曲は小林明子の『恋におちて -Fall in Love』でした。





ここで一句
「持ち歌の ラップと英語は 咳払い」
[PR]

by NIWALAND | 2008-08-21 21:39 | friend